アクセサリーづくりは留め金具にもこだわって♪

皆さんこんにちは!

2月に入って、だんだんと春に向けたファッションやアクセサリーも気になってきた頃ではないでしょうか?

そこで今回はこれからの季節のアクセサリー作りを簡単にワンランクUP出来ちゃう、

「留め金具」についていろいろご紹介します!




◆留め金具って?

ネックレスやブレスレットを留める際に使用するヒキワやカニカン、アジャスターなどをまとめて「留め金具」と呼びます。

しかし、留め金具と一口に言ってもいろいろ♪ サイズ調整ができるものや片手で留めやすいもの、アクセサリーのワンポイントになっちゃうデザイン性の高いものなど、知れば知るほどこだわりたくなる 奥の深いパーツなんです!!



◆ベーシックなカニカン・ヒキワを使うなら「金具セット」が便利!

いつも皆さんが使っている「ヒキワ」「カニカン」が定番の留め金具として有名ですよね。この2つの留め金具はしっかりと留めることができて、板ダルマを付ければスッキリと見せることができ、アジャスターを付ければ長さ調整ができるようになる万能なパーツです。

貴和製作所では、そんなヒキワやカニカンをはじめとした色々な留め金具やエンドパーツをセットにした「金具セット」も定番の留め金具として大人気!

必要なパーツが揃っているので、これだけ買えば留め金具部分はOK!種類も豊富なので、初心者さんから上級者さんまで幅広く使っていただけるのでおすすめです♪

→金具セットの一覧はこちら


他にも留め金具の種類はたくさん!デザインや機能によって活躍の幅が広がる留め金具。

どんな留め金具があるのか詳しく見ていきましょう。



◆マンテル&クラスプ

①マンテル

最近たくさんのデザインが入荷したマンテルは、留め金具にも美しさやデザイン性を求めたい時に特におすすめです♪

写真のように、シンプルなデザインやユニセックスでクールなものもあれば、ボタニカルモチーフの可憐なマンテルもあって種類が豊富です。

→マンテルの商品一覧はこちら


デザインもサイズも色々あるので、選ぶのも楽しくなりますね。

使い方は環状のパーツに棒状のパーツを通すだけでOKなので、着けるのも簡単!

手作りのアクセサリーなら自分にぴったりの長さで作れるので、アジャスターを使わずにマンテルで留めればスッキリ&デザイン性の高い後ろ姿が演出できますよ!

こんな感じでアジャスターとマンテルでは雰囲気もだいぶ変わりますね。


最近はマンテルをつなぎあわせて3WAYとして使えるネックレスアレンジも話題になっているんですよ!

貴和製作所でもいち早くそんなトレンドネックレスを取り入れたレシピをご紹介していますので、そちらもチェックしてみてくださいね!


また、以前貴和製作所Online Shopのtwitterでもご紹介しましたが、お持ちのアクセサリーの留め金具をデザインマンテルなどに変えてみるのもおすすめです◎

それだけでガラッと雰囲気が変わっちゃうので、一度試してみてくださいね。

こちらの元になったアクセサリーのレシピ

→レシピNo.1204 半貴石キャンディクォーツとミニタッセルのブレスレットはこちら



②クラスプ

こちらもデザインいろいろ!

大きく分けると両端のパーツを差し込んで留めるタイプのクラスプと、両端がマグネットになっているタイプのクラスプがあります。

パーツを差し込んで留めるタイプは、デコラティブなものが多いのでアクセサリーのデザインとしてポイントになったり、マグネットタイプは留めやすさNo.1なので、自分では着けにくいブレスレットやネックレスを留めるのが苦手な方にはイチオシです!

シンプルなものが多いので、アクセサリーのデザインの邪魔になりません。

左はドイツ石座クラスプ レクタングル 大を使用したネックレスです。リボンやスワロフスキー・クリスタルを付けて豪華な仕上がりに。

右はマグネットクラスプ 石付が鎖骨の下あたりにくるように作ったネックレス。チェーンとアクリルパーツの間に付けて、すっかりデザインの一部に。留め金具とは思えません!

こちらのアクセサリーのレシピ

→レシピNo.901 ドイツ石座クラスプとシルキーパールの3連ビジューネックレスはこちら

→レシピNo.g524 ドイツ製アクリルのバイカラー2連ネックレスはこちら


↓その他デザインにクラスプを盛り込んだおすすめレシピはこちら!



◆その他の留め金具いろいろ

マンテルやクラスプの他にも、アクセサリー作りがワンランクUPできちゃう留め金具がたくさんあります。各留め金具を使ったレシピと一緒にご紹介します。


③ニューホック

ボタンのように片側の突起を片側の穴にポチッとはめ込むだけでしっかりと留まって便利!

円形の形状で、片手でも着けやすいのでブレスレットなどにおすすめです。デザインを邪魔しないシンプルさも魅力です。


↓ニューホックを使ったおすすめレシピはこちら。

→ニューホックの商品一覧はこちら


④フック

とてもデザイン性の高い留め金具です。見た目のとおりフックに掛けるだけで留まるので使いやすさも◎

個性的なデザインも多いので、ブレスレットなどのアクセントにぴったりです!


↓フックを使ったおすすめレシピはこちら。

→フックの商品一覧はこちら


⑤スライド留め具

3連や4連のブレスレット・ネックレスに欠かせない留め金具です。

留め金具自体に連バーのような機能があり、多連のデザインでも留め金具まわりがゴチャゴチャせず、スッキリと見えます。

留め方もスライドさせるだけで、しっかりと留まるタイプです。


↓スライド留め具を使ったおすすめレシピはこちら。

→スライド留め具 一覧はこちら



⑥スライドボール

こちらをチェーンに付けてスライドさせれば、長さ調節可能なネックレスやブレスレット、リングなどができちゃいます。

使用できるチェーンが決まっていますので、下記をチェックして活用してくださいね。

<使用できるチェーン>

コマのあるチェーン…チェーン130SRA、チェーン225SRA

コマの無いチェーン…チェーン 135SRF、チェーン 235SA55DC4




いかがでしたか?

留め金具をアクセサリーのデザインに合わせて選んでみたり、身に着ける際の使いやすさを重視して選ぶなど、細部にまでこだわってみると機能面もデザイン性もグッとUPして、作ったアクセサリーにもより愛着がわきますね!

是非、色々な留め金具を使いこなして、もっとアクセサリー作りを楽しんでみてくださいね!


0コメント

  • 1000 / 1000